交通事故被害の損害賠償の種類

死亡事故に関する被害の損害請求について

死亡慰謝料と算定基準

交通事故で死亡してしまった場合に請求できるものとして、死亡慰謝料があげられます。被害者である本人は亡くなってしまっていますが、家族はその悲しみによって、精神的にダメージを受けることになるでしょう。この苦痛に対する賠償金として請求することになるのが、死亡慰謝料になります。本人死亡となってしまったことにより、同時に遺族に相続されることで請求できると考えられている慰謝料です。

天秤自賠責保険の支払い基準としても、死亡慰謝料は存在します。しかし、金額を見るとわかりますが、非常に少額になってしまっています。遺族慰謝料としても、請求者1名で550万円、2名で650万円、3名以上でも750万円とわずかな金額にしかなりません。被害者に扶養者がいる場合には200万円プラスされますが、それでも十分な金額とは言えないでしょう。

弁護士の場合には、基準が全く異なります。一家の支柱となるべき存在であれば2800万円が基準です。これだけでも大きな違いであり、差が出てくることがわかります。他に請求できる費用に関しても、大きく差が付きます。算定基準の差が大きくかかわってくるため、自分自身で交渉していくよりも、弁護士に交通事故慰謝料の相談をして示談を進めていくほうが有利であるといえるでしょう。

*関連記事*
遺失利益が発生するか
交通事故の損害賠償